top of page

『葡萄畑をそのまま瓶詰めする』

そんなテーマで始められたワインプロジェクト。

 

ぶどうは赤湯の端っこ、高畠町との境目にある畑で栽培された山崎秀一さんのマスカットベーリーAを使用。醸造したワイナリーは、南陽市内にある『大浦葡萄酒』さんです。

このワインは、『セニエ(SAIGNEE)法』で造られたロゼワイン。3つあるロゼワインの製造法のひとつで、一番よく用いられる醸造法です。

『セニエ』とはフランス語で『血抜き』を意味します。赤ワインを造る際、アルコール発酵の途中でほどよく色付いた果汁の一部を抜き、別のタンクに移して発酵を続けるロゼワインの製造法。途中までは赤ワインと同様の方法で造られるため、ほどよくタンニン分を含む、しっかりとした味わいになります。

 

肉料理との相性抜群の赤ワインに近い味わいのロゼワイン。ぜひ、飲んでみてください!!

MASCUT BAILEY-A‘SAIGNEE’2023 SHUICHI YAMAZAKI(720ml)【Bottling the VINEYARD】

¥2,310価格
消費税込み
  • アルコール度数:12%

    使用ぶどう品種:マスカットベーリーA

    ぶどう生産者:山崎秀一

    製造:大浦葡萄酒

    味わいタイプ:ロゼワイン・辛口

     

     

    What is 【Bottling the Vineyard】?

    Bottling the Vineyard=畑をそのまま詰める。

    そんなテーマで造られるワイン。

    山形県にある21のワイナリーのうち、6社がある南陽市。県内屈指のぶどうの産地であり、県内ぶどう栽培発祥の地でもあります。ですが、農業従事者の高齢化や担い手不足などによる、耕作放棄地の拡大という大きな問題も抱えています。
    そんな中、『ぶどう農家とワイナリーに元気や誇りを与えたい』という思いから立ち上げたワインプロジェクトです。
    美味しいワインを飲んで、是非ご協力お願いいたします。

     

     

    What is 【大浦葡萄酒】?

    1939年創業の老舗ワイナリー。

    小さなワイナリーでありながら、造っているワインの種類は、その数なんと30種類以上。おいしいぶどうの果実味を生かした、バラエティーに富んだ多彩なワイン造りをしています。そんなワインは品質が高く、安定感があります。

bottom of page