top of page

お酒のプロたちが選んだ限定酒です!!

 

冬に搾られたお酒はタンクで貯蔵熟成されます。初夏(5月末~6月頃)に貯蔵タンクのお酒を抜き出してテイスティングして、健やかに熟成しているか、色・香り・味などを見る品質検査を行います。お酒を抜き出すときに貯蔵タンクの出口である『呑み口』を切ることから、『呑み切り』と呼ばれます。

このお酒は、山形県内の日本名門酒会加盟店が米鶴酒造に赴いて利き酒を行い、一番評価の高かったお酒を瓶詰めして限定販売するものです。

当店も参加し、5アイテムから選ばれた、今飲んで最もおいしいお酒を販売いたします。

 

【今年選ばれたお酒は以下の通り】

タンクNo.248 純米吟醸酒

  • 原料米:出羽の里
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度数:15.6%
  • 日本酒度:+1
  • 酸度:1.6
  • 酵母:701・YK009

 

『初呑み切り』に参加した日本名門酒会加盟店でしか買えない夏の限定酒。お酒のプロたちが選んだ、今が“旬”の1本を味わってみてください。

 

 

※ 6月11日以降の出荷対応となります。

米鶴 初呑みきり酒 選抜酒(720ml)【米鶴酒造】

¥1,760価格
消費税込み
  • 製造:米鶴酒造(山形県高畠町)

    使用米:出羽の里

    精米歩合:60%

    アルコール度数:16度

    日本酒度:-1

    酸度:1.4

     

     

     

    What is 【米鶴酒造】?

    創業1697年(元禄10年・宝永元年)。

    『まほろばの里』と呼ばれる美しい田園風景が広がる山形県高畠町で、酒一筋300年。米沢上杉藩の御用酒屋も努めた蔵元は『米作りからの酒造り』を基本に、地元産米を使い、『香り・味・キレのバランスの良さ』を持つ素直で爽やかな香味の日本酒を生み出しています。

    全国新酒鑑評会での金賞受賞回数は県内最多、全国トップクラス。高い醸造技術で醸される酒質には定評があり、『吟醸のヨネツル』と呼ばれています。

bottom of page