top of page

タケダワイナリーの白ワインの最高峰!!

最高のぶどうができた時だけ造られる極上の白ワインです。

 

タケダワイナリーの最高峰となる白ワインが、『シャトー・タケダ シャルドネ』

自社畑産のぶどうが最高に達した年のみ“シャトー・タケダ”を名乗ります。
樹齢が高く、かつ良質な土質の特別区画のシャルドネのみを使用。亜硫酸塩(酸化防止剤)を極力減らし、旧樽で長期間の発酵を行うなどして、ぶどうのポテンシャルを最大限引き出す醸造を行っています。芳醇で気品のある香りと力強く豊かな味わいの白ワインです。
山形県を代表する『タケダワイナリー』が造る最高の逸品です。
 

シャトー・タケダ シャルドネ 2020(750ml)【タケダワイナリー】

¥8,250価格
消費税込み
  • 白ワイン

    アルコール度数:12%

    使用ぶどう品種:シャルドネ

    味わいタイプ:辛口・ミディアムボディ

     

     

     

    What is 【タケダワイナリー】?

    1920年(大正9年)創業。

    山形県を代表するワイナリー。

    前身となる武田食品工場のもとでワイン(ブドー酒)造りが始まりました。開園以来、『良いワインは良いぶどうから』をモットーに、土づくりから始めたぶどう栽培、ワイン醸造を続けています。ワインの本場・フランスのボルドーやシャンパーニュの影響を受けたワインを生み出しています。

    ワイナリーのある山形県上山市は、欧州系ぶどう品種の栽培が盛んな地域です。同ワイナリーの自社農園でもカベルネソーヴィニヨンやシャルドネなどが栽培されており、そのぶどうから造られるワインは高く評価されています。また、マスカットベーリーAやブラッククイーンといった、日本固有品種の古木のぶどうからワインを造っています。

bottom of page